カンジダは性行為をする人が発症するだけでなく、普通に性器の周りに存在し、悪さをすることは珍しくありません。よって性体験がない人でも、普通に発症します。
よく性器周辺に痒みが出たり、炎症を起こしたりするのであれば、カンジダ感染が癖になっている可能性があります。再発を防止するために、日ごろから予防法を実践してみることをおすすめします。
下着が不潔な状態であると、感染しやすくなります。また、蒸れが症状を悪化させることは珍しくありませんので、毎日取り換えるようにしたいものです。素材の選び方としては、通気性のよい綿を選んでみましょう。
カンジダに感染しないために、性器周辺を綺麗に保つことが大切ですが、洗いすぎはいけないと指摘されています。女性の膣内はよくできており、雑菌から膣を守ってくれる細菌が存在します。石鹸であまりにも丁寧に洗いすぎれば、大切な細菌のバランスが崩れてしまい、抵抗力がなくなってしまいます。性器周辺は石鹸で軽く洗うくらいで十分綺麗になりますから、必要以上に洗わないようにしてください。
ストレスや疲労も免疫力を下げる、厄介な存在です。ストレスは趣味を通じて発散したり、疲労はゆっくりと休息することで改善できます。